手のしびれはストレスが原因のことがある

手のしびれはストレスが原因のことがある

ストレスは自律神経の機能に影響を与えるので、手のしびれの原因になることがあります。

ストレスを強く感じると、自律神経のうち交感神経が過剰に作用、末梢血管を収縮させます。

これによって血行が悪くなるので、手のしびれや冷えなどが起こります。

ストレスには人間関係や将来への不安といった精神的なものだけでなく、身体的なものもあります。

例えば過度のデスクワークによって身体的に疲労を溜めると自律神経は乱れるので、休養が大切です。

関連記事

  1. 仙腸の歪みが腰痛の原因

  2. よくある捻挫の症状とは

  3. スポーツ障害とは?

  4. 交通事故によるむちうち

  5. 腰痛にストレッチが重要!?