仙腸の歪みが腰痛の原因

仙腸の歪みが腰痛の原因

仙腸というのは骨盤をつなぐ役割をしたり上半身の重さを足に伝えるなど、身体を支えるうえでとても重要な部分になります。

この仙腸が歪んでしまうと骨盤の動きそのものを悪くしてしまう原因になり、腰痛をはじめとしてさまざまな身体の不調が起こる可能性が出てきます。

特に出産後の女性は仙腸が歪んでしまうことが多く、腰痛の原因の割合が非常に多くなっています。

胡座をかくのが辛かったり股関節が開きずらいく腰痛が起こる時は歪んでいる可能性が高いといえるでしょう。

関連記事

  1. スポーツ障害とは?

  2. よくある捻挫の症状とは

  3. 交通事故によるむちうち

  4. 手のしびれはストレスが原因のことがある

  5. 腰痛にストレッチが重要!?