よくある捻挫の症状とは

よくある捻挫の症状とは

捻挫とは足首の関節を挫いてしまった症状のことをいい、足首の関節に無理な力がかかってしまうことによって、靭帯などの部位を痛めることをいいます。

捻挫の症状には軽い場合もありますが、例え歩ける場合でも、痛みがあれば捻挫です。

特に、痛みのある部位が腫れている、歩くと痛みが出る、曲げようとすると痛む、などの症状がある場合には、診察してもらうことが大切です。

痛みを抱えたまま歩いてしまうと更に悪化し、治りを遅くしてしまいます。

関連記事

  1. 腰痛にストレッチが重要!?

  2. 手のしびれはストレスが原因のことがある

  3. 仙腸の歪みが腰痛の原因

  4. スポーツ障害とは?

  5. 交通事故によるむちうち