スポーツ障害とは?

スポーツ障害とは?

スポーツ障害とは運動によって繰り返し動くことで、特定の部位に負担がかかり、痛みを伴う慢性的な症状のことを指します。

軽度であればスポーツの前後で痛みが発するだけで済みますが、重症化すると日常生活にも支障をきたすようになります。

いわゆるテニス肘や野球肘、ウォーキングによる足底筋膜炎がこれにあたり、初期の段階で対策すればすぐに解消することも可能です。

しかし、スポーツをすることを辞められないと、簡単に処置することができず慢性化を招く結果となります。

関連記事

  1. 交通事故によるむちうち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。